生意気な年下にうっかり惚れられまして。 ♯21|毎日会えるBLノベル


#21

「あのさ」
「……?」

澤村は食べ進める手を止め、こちらをちらりと振り返る。

「お前、まだ俺のこと好きなの?」
「はぁ?」

珍しく面食らったような頓狂な声が上がる。開かれたままの口に思わず吹き出してしまった。

(澤村も驚くことがあるんだな。いっつもも無愛想だし、生意気だし)

「何いってるんですか」
「ふふ、急に敬語になってるし。動揺した?」

にやりと口角を上げて不敵に笑うと、澤村は深くため息をついた。

「からかってるのか?」
「いや、そういうわけじゃない。……だってさ、お前。コクった割にそっけないしなー」

(いろいろと日和ってたのかもしんないな。そのほうが澤村に失礼だ)

いろいろと考えすぎなのは良くない。
とはいえ、今まで考えてきた事も無駄ではなかった。自分が本当にどうしたいのかを気づかせてくれたから。

今のタイミングなら自分の気持を、素直に話せる気がした。

「そっけなくはない、けど……あんまがっついてもアンタに迷惑かけるだけだろ」

(ほら。やっぱ、ちゃんと話したほうが良かった。澤村のほうが素直じゃないか)

告白してきた割にはにべも無い態度に焦れたのは椋太だ。
そうなることを澤村は意図していたわけではないだろうが、図らずとも成功したと言える。

それなりに信頼を置いている相手からの好意は、椋太にとっては嬉しいことで。
ただ戸惑いのほうが大きくて色々と見えなくなっていた。

「うん、なんか……ごめん。気を使ってくれて」
「……別に」

澤村は少し困ったように眉尻を下げる。
急にしおらしい態度になった椋太に戸惑っているのかもしれない。

「あのさ、俺も……なんだかんだ色々と考えてたんだよ、今まで」
「……」

澤村は無言で箸を置き、聞く体制に入る。

「あ、スマン。食べてていいぞ」

思えば無愛想な割に気遣いなどはしっかりしていた。
意思表示が足りないだけで、それは仕事ぶりを見ていてもわかっていた。

椋太も手にしたコーヒーに口をつける。
ゆっくりと螺旋状に上がる湯気を見て心を落ち着かせた。


 

柚木ちとせ

柚木ちとせ

シナリオライター

BLシナリオライター。
BLobbyブランドのゲームの一部シナリオを担当。

 

関連書籍


関連書籍はありません

関連サイト



ツイート 上へ戻る

おすすめ記事