第12回:『待てを知らない犬ならば』青山マヲ

ところで、せんたはイヌ派?ネコ派?

うーん、それよくある質問だけど……どっちも好きだから、いつも決められないんだ。

にゃんこはツンデレでかわいいし、ワンコは従順でかわいいもんね~。

そう、どっちもかわいくて。

ゴハンをお預けされてる時のワンコとか、何とも切ない表情にキュンキュンくるよね~。

我慢できずにかぶりついちゃっても、ハァハァ嬉しそうにシッポ振ってる姿見ると、それはそれで仕方ないなぁ~ってかわいくてさ~。

ふー……、なんとなくだけど……もしかしてBLの話しようとしてる?

さすがせんた、察しがいいね。

(だって、表情があきらかにBLの話してる時のふーだったし……)

今日紹介するBLはこちらだワン!

 

待てを知らない犬ならば【完全版(電子限定描き下ろし付)】 (moment)
待てを知らない犬ならば【完全版(電子限定描き下ろし付)】 (moment)

他人にそっけなく、オレ様な態度の鴻は、恩人・聖の前ではどうにも調子が出なくて、尻尾をふったワンコのようになってしまう。
普段は気取った芸能人(モデル)の鴻が、自分の前でだけしおらしくなるのを不思議に思いつつも、次第にほだされていく聖。
しかしある日、理性のタガが外れた鴻に唇を奪われ、さらにはズボンの中までイジられて――!?
懐いた犬に、襲われるのか手なずけるのか…? 犬が苦手な残念イケメン攻め×苦労人肝っ玉受けのWait&Goラブ!
 

犬……は、やっぱり動物の犬じゃないんだね。

読み始めたら、この大型ワンコもめっちゃかわいく見えるから。

とりあえず読んでみてよ。

わ、いきなり主人公の家が火事だよ?

そう。

物語は、主人公の聖(ひじり)くんが、家を焼け出されてしまって途方に暮れてるシーンから始まります。

幸い家族はみんな無事だったみたいだけど……。

聖くんは、ボンクラな父親と幼い弟の3人家族なんだよね。

お父さんは、全く頼りにならなそうだし……。

これからどうしたらいいのか、不安しかない状況だね。

関連書籍


関連サイト


関連サイトはありません

ツイート 上へ戻る

おすすめ記事