村上キャンプ先生インタビュー | BL作家のウラガワ。Vol.3

村上キャンプ先生インタビュー

BL作家の皆さんの普段は見えない裏の部分に迫るインタビュー企画『BL作家のウラガワ。』。

第3回のゲストは、作品の中に光る卓越したコメディセンスで多くのBL読者の心を癒している村上キャンプ先生

作業環境や漫画制作へのこだわりなど、気になるアレコレをお伺いしてきました!


村上キャンプ先生インタビュー

―まずはじめに、ストーリー作りについてお伺い致します。
シナリオを考えていく上で、何かインスピレーションの元となるようなものなどはございますか?

村上先生:「これ面白いから登場させよう」とか「このセリフ使いたいなー」というのがいきなり思いついて、そこからいろいろ考えていくことが多いです。「インスピレーションの元」といわれると難しいですが、たぶんよくテレビ見てるのでそこからかと思います。

―では、例えばコミックス『BANBA BURGER』(ふゅーじょんぷろだくと)であれば、細かいストーリーの前にまず「ハンバーガー」というアイテムから出発したりといったような?

村上先生:あれはイベントで新刊出さなきゃいけなくて、なんも思いつかなくてとりあえず先に表紙つくんなきゃと思ってたまたま何段にも重なったハンバーガーを描いた奴なので、イレギュラータイプですね(笑)
一番わかりやすいのは『スクリーン』(竹書房)という漫画の「ロケットペンダント」です。あれを受けに渡すセンスの攻めを描きたくて、そこから1冊分まで膨らましました。

―「こういうキャラを描きたい」というところから出発して、そこからどんどん広げていくような場合もあるのですね。

村上先生:それが一番多いと思います。ストーリーはキャラができてから着いてくる感じです。

―シナリオを構築していく上で、「BL」というジャンルだからこそのこだわりなどはありますか?

村上先生:受け攻めどっちもひいきせず、カップル二人ともハッピー!!

―年々多種多様なテイストのBL作品が増えている中で、「こういうものを描きたい」というポリシーのようなものがありましたら教えてください。

村上先生:本を閉じても生きていそうなキャラが描きたいです。「今頃なにしてんのかなー」と思ってもらえるような。

―確かに、村上先生の作品に登場するキャラクター達は「生きてる」感じがとても魅力的ですよね。「生身感」と言いますか…。

村上先生:たぶん思春期に漫画・アニメをあんまり吸収しないで、バラエティ番組見まくったりライブばっか行ってたからかもしれないです。

―そうした先生ご自身のご経験から、あの人間味のある愛すべきキャラクターたちが生まれているのですね。

村上先生:ありがとうございます!愛してやって下さい!

関連書籍



関連サイト



ツイート 上へ戻る

おすすめ記事